抜け毛・薄毛の悩みを不要に…
女性の育毛は自己治癒力アップで改善しよう

おすすめ女性育毛サロンランキング
薄毛・抜け毛に悩む女性のための育毛ガイド » 女性にも増えてきている円形脱毛症を調査 » 治療

治療

病院で円形脱毛症の治療を受ける際の薬とその副作用を調べました。ナチュラルな治療方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

女性の円形脱毛症の治療方法

加齢による脱毛症は、その進行を遅らせるぐらいしか今のところ有効な手段がありません。10円ハゲとも呼ばれる円形脱毛症は、ストレスと密接な関係があり、治療やケアによって十分改善が可能です。

ただし、皮膚科などでの治療には副作用が問題視されることもある副腎皮質ホルモンが用いられる場合が見られます。

円形脱毛症の投薬治療とその主な副作用

内服薬 セファランチン(錠剤)

副作用:アナフィラキシー、じんましん、呼吸困難、血圧低下、むくみ、GOT上昇、GPT上昇、月経異常、めまい、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、頭痛など

ステロイド外用薬  デルモベートスカルプローション

副作用:皮膚の萎縮、毛細血管拡張症、副腎機能低下(長期投与)など

光線療法(PUVA) ソラレン(内服薬)+ UVA(長波長紫外線320~400nm)照射

副作用:日焼け、白内障、皮膚癌の発生のリスクなど

ステロイド内服薬 プレドニゾロン(錠剤)

副作用:緑内障、視力低下、網膜剥離、B型肝炎、糖尿病、骨そしょう症、血栓症、心筋梗塞、脳梗塞、動脈瘤、発疹、月経異常、下痢、嘔吐、胸やけ、食欲不振、不眠、頭痛、めまい、筋肉痛、関節痛、脂肪肝、むくみ、多毛、脱毛、皮膚色素沈着、など多数

ステロイドパルス療法 ソルメドロール点滴治療

副作用:緑内障、視力低下、網膜剥離、B型肝炎、糖尿病、骨そしょう症、血栓症、心筋梗塞、脳梗塞、動脈瘤、発疹、月経異常、下痢、嘔吐、胸やけ、食欲不振、不眠、頭痛、めまい、筋肉痛、関節痛、脂肪肝、むくみ、多毛、脱毛、皮膚色素沈着、など多数

――投薬治療による副作用が心配な場合には、ナチュラルな方法が用いられることの多い女性専門育毛サロンなどがオススメです。

当サイトの「育毛サロンランキング」でおすすめのサロンを紹介しているので、ぜひ参考になさってみてください。

この記事の関連のページ

 
ページの先頭へ